光インターネットのwifiとはどんなもの?

光インターネットの通信方法でwifiをとり入れている人が多く、その中でも出張が多いサラリーマンは、移動中の新幹線などの車内でインターネットに接続してメールのやり取りや資料のダウンロードなどを行なうケースが見られます。
今や光インターネットの必需品と化したwifiは、アメリカの業界団体であるWi-FiAllianceによって無線LAN機器間の相互接続性を認証したブランド名を指しますが、一般には、パソコンでも使用可能な無線LANを使用してインターネットに接続する方式と言うことで広まっています。
光インターネットでwifiを活用するメリットは通信速度の速さで、無線方式でインターネットに接続する方法としては通信速度が最大で54Mbpsとなり、携帯電話などで採用している3GSと言った仕様と比較しても安定した通信速度が得られるのです。
また、異なるメーカーの無線LANであっても相互接続性が認証されていることから、安心して光インターネットでwifi機器を使用することができ、電波の届く範囲内であれば場所を選ばずに光インターネットを利用することができます。
さらに、携帯電話などと異なり、パケット通信料が発生しないことから、利用時間を気にすることなくインターネットが利用でき、コンパクトサイズのボディーは持ち運びにも便利な設計が施されています。
最近では、光インターネット以外の利用目的でwifiに対応した携帯ゲーム機などが登場していることから、外出先のネットワークゲームも安定した通信環境で楽しむことができます。
wifi対応機器は、既に薄型テレビやハードディスクレコーダー、デジタルカメラやスマートフォンなどにも及んでおり、それらをフル活用してケーブル不要のインターネットライフを満喫することが可能となります。
しかしながら、これらの機器をwifiで接続するためには、それぞれの機器が同じ無線LANの基準に準拠している必要があり、使用前の確認が不可欠となります。
無線LANの電波はアンテナの設置条件によって直線距離に換算して数十メートルから数百メートルまで及ぶ場合があり、家庭内においては壁や扉などと言った障害物によってこの距離が変動します。
利用にあたっては、これらの条件を熟知した上で光インターネットやゲームなどを楽しむことが要求されます。
光インターネット料金比較!おすすめプロバイダは?【人気ランキング】