リノベーションとリフォームの違いとは?

リフォームとリノベーションは混同しがちな言葉です。
これら2つの違いを特徴を挙げながら見ていきましょう。
まず工事の規模から見ると、リフォームは比較的小さな工事で終わります。
というのも、リフォームは老朽化した住まいを新築当初の性能に戻す事を指すためです。
一方でリノベーションは、住まいが本来持っている以上の性能を付け加える事を指します。
耐震性がリノベーションの一例として挙げられますが、そうした大きな性能を付け加えるからこそ、大規模な工事が一般的となります。
次に見た目から言うと、リフォームは外壁や内装などを変える事が多いため、誰が見ても変化が見られるのが特徴です。
一方でリノベーションは見えない部分の性能を良くする事が多いため、メリットが見えにくいのが特徴です。
このように両者はそれぞれ違いがあるので、色んな見方をして意味を捉えていきましょう。